師匠・高柳 昌行さんとの思い出